小山 直人(Naoto Oyama)

7月30日生まれ、大阪府出身。
大阪芸術大学芸術学部音楽学科卒業。在学中に、ジュリアード音楽院での短期留学プログラムに参加。
卒業後は、カリフォルニアカレッジオブミュージックに留学し、様々なセッションやレコーディングの経験を積む。

 

Soul、R&B、Jazz、Hiphop等のブラックミュージックを好み、多彩なジャンルをプレイするオールラウンダー。

Eric Marienthal (Saxophone)、Uros Raskovski (Guitar)、手数王 菅孝三 (Drums)、南里沙 (Chromatic Harmonica)、新納悠記 (Ukulele) などのプレイヤーとの共演の他、Gene Noble、西浦達夫、和紗、Neoなど、数多くのシンガーのサポートをこなす。(敬称略)

 

2014年9月に金沢JAZZ Streetのコンペティションにて、自身が所属するプログレッシヴ ジャズ インストゥルメンタル バンド 凸 ”TOTSU" で準グランプリを獲得。同年10月には、Power Sound Square主催の「Power Live 2014」でベストプレイヤー賞を受賞。

翌年2015年には同イベントに自身のリーダーバンド "Naoto Oyama Trio"で出演し、審査員賞及び、ベストプレイヤー賞を受賞。

2016年の同イベントでもベストプレイヤー賞を受賞し3年連続となるベストプレイヤー賞の受賞を果たした。

 

現在は、アジア各国での演奏活動にも力を入れており、積極的に海外へ足を運んでいる。

2019年に台湾で行われた「澎湖搖滾音樂節(ポンフーロックフェスティバル)」に"Naoto Oyama Trio"として参加。

台北でもベースのワークショップを行う。

アーティストのレコーディングやツアーのサポート、トラック制作、動画編集、レコーディングエンジニア、DJなど、幅広い分野で活動する他、ベースプレイヤーにスポットを当てた” Who Loves the Bass ? " 、若手実力派アーティストを集めた" The Showcase " シリーズ等を企画したイベントオーガナイザー でもある。

2020年2月にChris Dave & the Drumhedzで初来日したAaron CamperのTalk Sessionを企画。